セカンドウェーブはアラフォーからシニアの婚活・恋活を応援します。

諦めるのは早い! アラフォーからの婚活 まず始めたいこととは?

諦めるのは早い! アラフォーからの婚活 まず始めたいこととは?

40代になると成婚率が1%とか3%とか言われています。しかし、自分の周りを見てみるとそんなはずがないと気づくはずです。
この数字は国勢調査に基づくもので国勢調査がある5年の間に何人の人が結婚したかを単純に引いた結果です。確かに数字的には間違っていないのですが、未婚の方の中には結婚をする気がない、既に諦めたという方も多く、男性で約60%、女性約70%となっています。このような結婚願望を持たいない人を含めての数字なので、婚活を積極的にされている方に限ると成婚率が大きく変わってきます。

アラフォーの成婚率は23%以上!

婚活をかなり頑張っている人は、アラフォー世代になっても23.5%(40才以上44才以下女性)~56%(35才以上39才以下女性)が結婚に成功したというデータがあります。
三菱UFLリサーチ&コンサルティングが35才~44才で結婚サービスを利用して頑張っている人を対象とした調査によると、35才~39才男性の49.3%が結婚・婚約中、40才~44才男性の39.6%が結婚・婚約中となっており、女性では35才~39才 56.0%、40才~44才 23.5%が結婚または婚約中となっています。

参照データ:三菱UFJ リサーチ&コンサルティング | 平成21年度 結婚相談・結婚情報サービス業界統計

このデータの母数は公表はされていませんが、世間が言うアラフォーになると結婚の可能性は一桁%ということはなく、婚活を積極的に行っている方に関しては、かなりの高確率で成婚にいたっているのがわかるかと思います。結婚サービスを利用する全年代の平均値とさほど変わりません。
ただ、結婚相談所や婚活イベントなどの結婚サービスを使わずに、友達の紹介や仲間での合コンなどからの成婚は少なくなるようです。このデータによると40~44才の女性にいたっては、0%という結果に終わっています。普段の生活の中で同年代の未婚者と出会うことが少なくなるのが原因なのでしょうね。

アラフォーの婚活でまずやらなければならないこと

年齢を重ねるにつれ、身の回りにには未婚の異性が減っていき、出会いが減っていきます。平成27年度の国勢調査の結果から見て取ると、25~29才の結婚適齢期と呼ばれる年代では、身の回りに女性だと61%、男性で73%もの未婚者がいたのが、35~39才になると、女性24%、男性35%と半分以下になってしまいます。40~45才になると約3分の1です。

さらに、年齢を重ねるにつれ、諦めモードとなり、生涯未婚でも問題なしと結論付ける方も増えてくるわけなので、若い頃に比べ、結婚を望むもの同士が出会う確率はさらに低くなるのです。

では、まず何をやらなければならないのか、おわかりかと思いますが、出会いを見つけることです。数字が示すように、年齢を重ねるにつれ自力で見つけることは難しくなります。それであれば、最初から候補が集まった結婚サービスや出会いサービスを利用するわけです。高額な費用が発生するようなサービスを利用しろと言っているわけではありません。確かに高額なサービスのほうが成婚の確率が上がると考えられるかもわかりませんが、完全に無料で登録出来る公共の婚活サービスや飲み代プラスアルファ程度で参加可能な婚活イベント、街コンなどに参加し、出会いを見つけることです。

なかには、こういった結婚サービスを利用するのは恥ずかしいと思われる人もおられるかもしれません。特に男性は、自分で恋愛を見つけるんだというプライドがある方が多いようで、ある結婚サービスの方に伺った話では、女性登録者は男性登録者の3倍近くいるとのことです。女性の方が結婚に対して積極的で現実的という事です。アラフォー世代の男女の未婚率の差を見ても明らかです。

まずは友達づくり

若かった頃の恋愛を思い出してください。いきなり結婚前提で付き合いを始めることは少ないかと思います。ですが、私共の婚活イベントの参加者の様子を見ていましても、結婚前提感が強く、たしかに結婚前提での婚活イベントなのですが、友達から的な感じは見られません。結婚前提で出会い、お付き合いをはじめた場合、成婚にまでたどり着けば、早く目的を達成でき言うことがないのですが、付き合っているうちに、この人ちょっと違うなって事は普通です。そうなった場合、結婚前提だと、また婚活イベントに参加したり、お見合いサービスに頼らなければならなくなります。私共の婚活イベントでも見事カップリングされた方が、次回のイベントにも参加しているという事がちょくちょく見られます。

これが、まずは異性の友だちを作ろう、お互いの気が合えば結婚できればいいなという気持ちで出会っていれば、友達付き合いの間に、ちょっと違うなってなっても、だれか友達を紹介してよとか、今度みんなで飲みに行こうよといった軽い気持ちで異性の友達の輪を広げ、たくさんの出会いを見つけることも出来ます。

婚活イベントの参加目的

婚活イベントへの参加は、もちろん目的は伴侶となる異性探しですが、一本釣りではなく、目的に合うような人がいなくてカップリング出来なかったとしても、異性同性を問わず、多くの方と交流を持ち、連絡先交換や情報交換をする場にしていただくことが結婚という最終目的に近づく近道かと思います。

 

 

婚活コラムカテゴリの最新記事